カーテンでお部屋を快適空間に・・・
TOPrekishimenu3menu4pont2
カーテンでお部屋を素敵に

【カーテンの種類】

カーテン

カーテンは、生地の種類により、大きく「ドレープ」と「レース」に分類されます。厚手のカーテンを、ドレープ、透過性のある薄手のカーテンをレースと一般にいいます。
生地の種類により、装飾性、機能性にそれぞれ特長があります。

また、カーテンの形により、普通カーテンとスタイルカーテンに分類されます。
普通カーテンは、レールに取り付け、左右に開閉する一般的なカーテンのことです。

スタイルカーテンは、縦に昇降するシェードや特殊な縫製スタイルや裾にフリルやトリムをつけたものなど様々なバリエーションがあり、窓の装飾性に非常に優れており、個性的な演出を可能とします。


シェード

生地をたたみながら上下に昇降するようにメカと生地が一体で作られているもので「ローマンシェード」ともいったりします。

縦方向に開閉するので、最近多い縦長の小窓と相性がよく、またカーテンのように左右にたまりができないので、窓辺がすっきりするため、プレーンシェードやツインシェードといったベーシックなタイプが非常に人気があります。

またバリエーションも多く、バルーンシェードやオーストリアンシェードなど装飾性に非常に優れた個性的なタイプもあります。

 


ロールスクリーン

ロールスクリーンとは、上部の巻き取り機構のメカに布製のスクリーンを巻き取り昇降させるウィンドウトリートメントです。

色柄や生地などの種類も豊富で、布地以外に木や竹を使用したものなど色々な素材から選ぶことができます。

部屋の間仕切りやキッチンのお洒落な目隠しなどに使用する場合もあります。

 


プリーツスクリーン

プリーツスクリーンとは、スクリーンにプリーツ加工(ヒダ加工)を施したウィンドウトリートメントです。シンプルな無地調から和紙調、すだれ調などあります。

縦に昇降する障子やすだれのような使い勝手でモダンな和室などとの相性がいいです。


ブラインド

最近では、色や種類、材質が豊富になり、様々なタイプを選べるようになり、部屋の雰囲気をすっきりとシンプルに演出できることから人気があります。

またスラット(水平な羽根)を回転させることで採光をコントロールでき、通風も行なえるという機能性、素材は一般的にはアルミ製で、水や汚れにも強いという特長があり、それらの機能が有効な事務所や水周り等の人気も根強いです。


木製ブラインド

木材を使用することによって、自然素材ならではの暖かみや、落ち着いた雰囲気、高級感がプラスされました。

追加されました。もちろん、採光のコントロール性、通風の確保、左右のすっきり感など優れたブラインドの機能性も継承しているため、モダンで暖かい雰囲気のリビングや書斎等に非常にウッドブラインドは人気があります。

カラーバリエーションや羽幅、カラフルなラダーテープ、バランスなど様々な組み合わせも楽しめますよ!!


縦型ブラインド

縦型ブラインドといわゆる横型ブラインドが横方向に羽根(スラット)が付いているのに対し、羽根(ルーバー)が縦方向に取り付いており、それを回転させることにより採光や視線を調節可能な、ウインドウトリートメントです。

従来、オフィスなどでよく利用されていましたが、最近のモダンな一般住宅やマンション等でも人気が上昇しています。羽根(ルーバー)の種類も増え、柄や色を選んでバリエーションが楽しめ、デザイン性と機能性に優れた演出ができます。

横方向に開閉するので横長のしかも高さのある掃き出し窓等と相性がよいです。また、高所にも向いています。


 

■カーテンの種類

■オーダーカーテン

■部屋にあうカーテン

■カーテンのお手入れ

■サイズの計り方

■Blind

■Link

 

Copyright(c)2008 カーテン・オーダーカーテン. All rights reserved.