カーテンでお部屋を快適空間に・・・
TOPrekishimenu3menu4pont2
カーテンでお部屋を素敵に

【カーテンの素材】

カーテン生地に使用される素材(繊維)は、洗濯などで伸び縮みをするか、長時間の使用に耐えられるかといった基本的な性能に加え、装飾性の高さ、遮光性、防音・遮蔽性、保温、断熱性などさまざまな要素を考慮して選ばれます。どのような部屋にしたいかをしっかりと見極め、素材にも拘れば答えは見えてくるでしょう♪
最近は、化学繊維の「ポリエステル」、「アクリル」、「レーヨン」が主流ですが、最近のナチュラル志向からオーガニックコットンなど天然繊維も見直されています。

化学繊維
  長所 短所
ポリエステル

カーテン繊維の主流。丈夫で扱いやすく、光沢感があり手触りもよく、形態安定性、ドレープ性にも優れています。機能的には最も優れているといえます。

帯電しやすい。したがって汚れやすい。
アクリル

非常に軽量で保温性が抜群であること、かさ高性に優れ、発色が良いこと、帯電性が小さく吸水性も少ないために汚れがつきにくいという特色があります。

熱に弱くて燃えやすい。後処理で防炎加工ができない。

レーヨン

染色性、吸湿性に優れ、ドレープ性にも優れています。なじみやすいことから、混紡・交織として使用されることが多くなっています。

耐久性が低いことと、水に弱く縮みやすい。

天然繊維
  長所 短所
綿

丈夫で染色性に優れる。

しわになりやすく収縮しやすい。

耐水性、耐熱性、吸水性、透湿性に優れる。

しわになりやすく、ドレープ性にかける

光沢感がありドレープも美しく、発色性に優れる。

高価で、寸法安定性と堅牢度が劣る。


【カーテンの機能性】

代表的なものが「ウォッシャブル」「遮光」「防炎」等です。このような機能を付加したカーテンのことを「機能カーテン」と呼んでいます。
その他にも最近では「消臭」「防菌」機能等が付加されたものも登場しています。


これらのカーテンは機能性には大変優れていますが、部屋を美しく演出する装飾性に欠くので、部屋の用途に応じた選択が必要となります。

ウォッシャブルカーテン 家庭用洗濯機でジャブジャブ洗えるカーテンです。素材は伸縮性の低いポリエステルを使用し、長時間の使用でも型崩れしないような安定性を高める工夫がなされています。

庶光カーテン サンシャットと呼ばれている、光を遮るカーテンは、朝の光が眩しすぎる寝室や、例えば映写室のように、昔、黒と赤の布を二重に仕立てた暗幕を使ったような部屋に使われます。
黒糸を織り込んだ布や、布の裏に光を通さない素材をコーティングしたものがあります。
室内の光やシルエットが外に写らないので、防犯対策にも効果的です。また、外からの日差しをほぼ遮ることが出来るので、遮光カーテンを閉めて、冷房を使用した場合、室内の冷房効率が上がります。
(省エネにも効果的です)

防炎カーテン

カーテン地に難燃性繊維(または難燃性を付加した繊維)を使用したものや、後加工によって防炎性を付加したものを防炎カーテンといいます。

一般的なカーテンは、炎が触れると瞬く間に燃え上がり、炎を拡大させ、同時に有害な黒い煙が大量に発生しますが、防災カーテンは 炎の拡大が少なく生地が溶けるので燃え上がりを防ぐことができます。



その他にもいろいろな機能をもったカーテンがあります!!


消臭機能 繊維に消臭剤が織り込まれているので、煙草やペット臭などの匂いを分解・中和してくれるカーテンです。最近は、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを吸着、除去するカーテンも登場しています。

光触媒
断熱効果と同様に、お部屋の中の空気を外に逃げにくくします。環境に優しいカーテンといえます。断熱効果で省エネに最適で、冬は暖房効果・夏は冷房効果をUPさせてくれます。


防 汚

ゴミやホコリがつきにくく、洗濯時に汚れが落ちやすいカーテンです。清潔感が長続きします。
【SR加工】

制 電 静電気がカーテンに発生するとゴミやほこりがつき、汚れの原因となります。制電性の糸を使用し、静電気の発生を防ぎ、洗濯後も制電効果はほとんど変わりません。

超耐光 日焼けや色あせがしにくい耐光性です。
日差しが強い所でも、レースの白さを保ちます。

抗 菌 抗菌作用があり、カビや雑菌などからカーテンを保護します。

おすすめWEBサイト 5選

京都婚鴨神社などでの結婚式
http://www.kyotojinjakon.jp/

 

■カーテンの種類

■オーダーカーテン

■部屋にあうカーテン

■カーテンのお手入れ

■サイズの計り方

■Blind

■Link

 

Copyright(c)2008 カーテン・オーダーカーテン. All rights reserved.