カーテンでお部屋を快適空間に・・・
カーテンでお部屋を素敵に

【カーテンの歴史】

「カーテン」の語源は、ラテン語の「cortina」から変化したと考えられ、古くはエジプト時代にさかのぼります。
現在カーテンというと、窓辺に掛けるというイメージがありますが、その昔エジプト文明の時代には、ベットまわりを覆うものでした。

エジプトの民を治める王は、夜カーテンに囲まれたベットの中でのみプライベートな時間が約束され、権力者としての緊張から解き放たれた事でしょう。この様な習慣は、ヨーロッパでも見られました。現在見られる天蓋付きベットの起源でもあるのです。

さて、カーテンが窓を覆う物に姿を変えるのは、いつ頃の事なのでしょうか?

それは、中世ヨーロッパでガラス窓が登場する14・15世紀からになります。
当時ガラスといえば貴重品であった為、教会・宮殿や一部の裕福な貴族だけに許された贅沢品でした。ガラス窓をより美しく装う為カーテンを掛けるようになり、一種のステイタスシンボルの役割を果たしていたそうです。

しかし、ただ装飾的な面だけでなくその機能的な面も重要視されていました。その頃の建物といえば、石やレンガで造られた堅く冷たいものばかり・・・。その空間に柔らかい質感のカーテンを掛ける事で、親しみと安堵感と温もり感を出す事が出来、さらに暖を取る事も出来たのです。カーテンにもファッションと同じように、それぞれの時代によって流行のスタイルがありました。

日本へのカーテンの伝来は長崎の出島に外国公使館が設立された江戸時代の初期と言われています。実際に人々が使うようになったのは幕末から明治にかけての時代とされます。明治6年開業の日光金谷ホテルが、初めて本格的にカーテンをかけられたホテルと言われています。

日本では平安時代の几帳や御簾、壁代(絹の織物で壁面に掛けられた布)、武家時代の、壁や襖、障子など、カーテンの機能を果たす道具が豊富だったために使用が遅れたのかもしれません。

壁代は中国から伝えられたシルクの織物が用いられました。
あと衝立式になっている几帳が間仕切りとして使われており、「平安時代のベット」ともたとえられる帳台などのまわりにしつらえられていました。

カーテンが日本で作られるようになったのは明治末期になってからです。

最初は一部の上流階級だけのものでしたが、建築の近代化、洋風化とともにカーテンも大量に生産されるようになり、一般住宅にも本格的に普及しました。

現在では遮光、遮熱、防音など、様々な機能はもちろん、インテリア性をも備えたカーテンは、私たちの生活に欠かせないものとなっています。

recommend

Gyao!
http://gyao.yahoo.co.jp/
スーツケース
https://www.rakuten.ne.jp/gold/d-success/
Copyright(c)2008 カーテン・オーダーカーテン. All rights reserved.