カーテンでお部屋を快適空間に・・・
TOPrekishimenu3menu4pont2
カーテンでお部屋を素敵に

【お部屋にあうカーテン選び】

オーダーカーテンを選ぶ時には、お部屋との調和を考えますよね。
お部屋の用途によって、カーテンのスタイルや機能を使い分けることで、お部屋が新鮮に生まれ変わること間違いなしです!


リビング&ダイニングルーム

昼間の採光、夜の遮光性を考えて選ぶ必要があります。また、接客を考えて装飾性を重視します。クッションカバーや窓周辺の小物など、部屋全体の統一感を考えると良いでしょう。

出入りが頻繁な掃き出し窓には、ドレーパリーやパネルスクリーンなどの水平方向に開閉するものがおすすめです。出窓などには、スタイルカーテンなどがおすすめです。

リビング・ダイニングルームは家族全員の共通のスペースで、家族全員が憩う場所であり、また時としてお客様をもてなす場でもあります。床、壁、天井の色に合わせてお部屋を同系色でまとめると落ち着きのある空間が生まれます。一方、強い色調であなたの個性を出し、冒険してみるのも楽しみの一つです。


キッチン・ダイニングキッチン

キッチンの場合は、特にメンテナンス性を重視することをおすすめします。簡単に洗える素材のものを選ぶと良いでしょう。

カフェカーテンや、レースのスタイルカーテンがおすすめです。メンテナンス性を考えると、防汚加工やブラインドではフッ素コートなどがおすすめです。

また、窓とコンロが近い場合は、防炎加工されているものを選びましょう。


ベットルーム

ゆったりとした時間を過ごすためにも、落ち着いたトーンのデザインや、素材を選ぶべきです。遮光性が特に大切ですが、遮るだけでなく、朝の明るい光を取り込むレースカーテンと二重にしておくと良いでしょう。

厚手のカーテンは遮光性の高い素材がおすすめです。暗い部屋でないと眠れない人は、さらに裏地をつけることをおすすめします。レースのカーテンやシェードとの組み合わせも良いでしょう

寝室は一日の疲れを癒す場所です。従って、落ち着いた色調のコーディネートが求められます。ベッドカバーなどをカーテンと同じ生地で作ることによって一体感のある空間を作る事ができます。


子供部屋

小さいお子さんの場合、例えば月や星、雲の模様など、楽しい色柄のものを選ぶと良いでしょう。ある程度年齢が高い場合は、鮮やかな色合いで活発な感じに仕上げるのも良いでしょう。

最近の傾向として、お子様が成長しても飽きずに長く使えるチェック柄、ストライプ柄などが多く選ばれています。また、小さいお子様のお部屋のカーテンは汚れがちです。家庭洗濯機でも洗えるウォッシャブルタイプのもの、レールからの取り外しが簡単なものを選ぶと良いでしょう。

子どもの年齢にもよりますが、楽しいプリント柄のシェードやウッドブラインドなどもおすすめです。操作が簡便なので、小さいお子さんの場合はロールスクリーンなどもおすすめです。


和 室

基本的にカーテンレールが設置されていないので、取り付けが簡単なものを選ぶと良いでしょう。

和室を素敵に演出するには、プリーツスクリーンやロールスクリーンなどがおすすめです。


バスルーム

目隠しができ、湿度に強いものを選びましょう。

多湿なバスルームには専用のブラインドや、手入れが楽な、ロールスクリーンがおすすめです。


Valuable information

イオン
http://www.aeon.info/

 

■カーテンの種類

■オーダーカーテン

■部屋にあうカーテン

■カーテンのお手入れ

■サイズの計り方

■Blind

■Link

 

Copyright(c)2008 カーテン・オーダーカーテン. All rights reserved.