カーテンでお部屋を快適空間に・・・
TOPrekishimenu3menu4pont2
カーテンでお部屋を素敵に

【ブラインド】

カーテン以外のウィンドウトリートメントとして、最も認知度の高いものがブラインドです。開閉のほかに、羽根を回転させることで採光を自由に調節できるという特徴があり、「日よけ」としては最も優れた機能性を備えています。


オフィスなどの商業施設でよく見かけますが、最近では多色展開や素材の多様化などファッション性も高くなり、一般住宅への普及も急速に進んでいます。

ブラインドのよいところは、スラットの向きを変えるだけで、太陽の光の量をコントロールできるところです。夏の日差しにも強く、紫外線にも反射するので、UV効果も高まります。

-ブラインドの種類-ブラインドの種類は大きく分けると横型と縦型の二種類に分かれます。

■横型ブラインド
現在、最も一般的に使用されているのがヨコ型ブラインドです。イタリアのベネチアで誕生したことから「ベネシャンブラインド」とも呼ばれています。
ヨコ型ブラインドとはその名の通りヨコに羽根(スラット)が取り付いているブラインドで、さらに羽根の幅の広さによっていくつかの種類に分類されています。
代表的なものが「15ミリスラットタイプ」「25ミリスラットタイプ」「50ミリスラットタイプ」です。
 
■縦型ブラインド
ヨコ型ブラインドがヨコに羽根が取り付いているのに対し、タテに取り付いているのがタテ型ブラインドです。羽根が窓と垂直(バーチカル)に交わっていることから、「バーチカルブラインド」とも呼ばれています。
このタイプはオフィスなどでよく見かけますが、最近では住宅用商品も充実していて、一般家庭で使われるケースも多くなりました。

-スラット素材-スラットの素材として最も知られているのがアルミですが、インテリア性の高い木製スラットにも人気が集まっています。

■アルミ製スラット

ブラインドと聞いてまず思い浮かぶのが、アルミ製のスラットです。

もともと水に強く、機能性が非常に高い素材でしたが、最近では多色展開やスラット幅の細幅化などが図られ、インテリア性もかなり向上しました。
スラット幅は15ミリ、25ミリが中心です

■木製スラット

アルミ製のブラインドが水回りを中心に使用されているのに対し、主に居室で使われるのが木製ブラインドです。

アルミにはない温もりを感じさせる木製ブラインドは、洋室はもちろん、和室にもマッチします。アルミ製と比較すると割高になりますが、ナチュラルなイメージに大変人気が集まっています。
羽根幅は25ミリ、50ミリとなります。

■ファブリックス(布製)ブラインド

主に一般家庭用のバーチカルブラインドに使用されています。

オフィスに使用されることが多いバーチカルブラインドですが、スラットにやわらかなファブリックスを使用することで、カーテンのような装飾性を実現しました。

recommend

イケア
http://www.ikea.com/jp/ja/
手芸用品
http://www.syugeiyasan.co.jp/

 

■カーテンの種類

■オーダーカーテン

■部屋にあうカーテン

■カーテンのお手入れ

■サイズの計り方

■Blind

■Link

 

Copyright(c)2008 カーテン・オーダーカーテン. All rights reserved.